パピアクリップ

Papirklipはデンマークの伝統的な切り紙アート。

ひとつひとつ丁寧にカッティングしたピースを
糸でつないだモビールをつくっています。

手作りグラノーラにはまる
 手作りグラノーラにはまってます。

オートミール、グラハム粉、ひまわりの種、アーモンド、ごまを
なたね油で合えて、はちみつかけてオーブンで焼くだけ。
最後にレーズンをたっぷり(レーズンは多めが私は好き)。

暮らしの手帖にのってたレシピです。

一回作ると、一ヶ月分くらいになるのも嬉しい。

朝のヨーグルトには欠かせないマイグラノーラです。

料理 comments(0) -
ギャラリーオーツー料理教室
コラボレーション展やクリスマスアドベント展などで
お世話になってるギャラリーオーツーさんで不定期に開かれる
料理教室。
暗黙のルールでは、年齢制限があるらしい。
私はぎりぎりクリアしてるみたい。

今年で2年目になりました。

センセイは、ジャズピアノマンシェフYOKOIさん。
何足のわらじをはいていらっしゃるのか、とにかく多才なシェフさんです。

ときどき、始まる前にジャズの生演奏に遭遇することもあったり、
次回の展示会の作品に出会うことができたり、
料理以外の楽しみも多い、私にとってはスペシャルな教室です。

この日は、ガラス作家さんのこんなかわいい置物を見せていただきました。

池田志麻さん作(鋳造ガラス)「ぶらんこ」です。


ひかりのあて方でこんなにも違って見えます。


今回のメインは、ニョッキづくり。
3種類のニョッキの作り方を教わりました。

その1、パリ風ニョッキ。シュー生地を使うのをパリ風というらしいです。
なかなか混ぜ方がポイント高そうだった。


食べるときは、シンプルに、バターとレモン汁と塩/こしょう。
最後にパセリをぱらぱらっと。

おいしいです、これ。ほんとに。

もう一つは、じゃがいもニョッキ。


これは、YOKOIセンセイがつくってきて下さったふきみそで合えていただく。
ふきみそが最高においしくて、ニョッキと合わせてもいい感じ。

最後にかぼちゃニョッキ。


これは、チーズとはちみつでいただく。
かぼちゃ風味がして、これまたグッド。

3つともそれぞれに、それはもうおいしかったです。

食事タイムには
2時間近く煮込んだ豚肉とドライフルーツのブレゼをいただく。

いつのまにか、シェフがふきみそパスタをつくって下さるという
嬉しいサプライズが。


そして、サラダも。


4時過ぎから始まった料理教室は、
楽しいおいしい食事を終えたときはもう9時をまわっていました。


料理 comments(0) -
| 1/1 |