パピアクリップ

Papirklipはデンマークの伝統的な切り紙アート。

ひとつひとつ丁寧にカッティングしたピースを
糸でつないだモビールをつくっています。

あれから4ヶ月
 
先月のレントゲン検査では、
「だいぶついてきてますけどね、まだついていませんね。走るのはまだだめですよ」
と言われてきました。

もうふつうに歩けるようになってて、痛みもないのに
なんで、まだ???みたいな感じです。

でも、またそれから1ヶ月近くたって、
なんだか自分の感覚的に、もう大丈夫!みたいな変な自信がついてきてたので
走ってみました。

昨年の10/12で止まったままっだった私のNIKE+、ついに解禁です。


4ヶ月ぶりのラン。

まさか4ヶ月も走れなくなるなんて、、、
私の中ではかなりありえない長い期間でした。

まぁ、でも今回の骨折で、
とにかくストレッチの重要性を思い知りました。

これまでの私は、
ぱーっと走ってきて、はい、おしまいという感じだったんです。

ホントにストレッチはかなりいい加減でした。

そんなの繰り返してた中で起きた10.12骨折。
あんなんで折れちゃうもの?って思ったほど一瞬のできごとでした。
足関節外果という骨がスパッと折れてたんですよね。

人生初の骨折生活は想像以上に不便で、いろいろな面で大変でした。

骨がつくのがこんなに時間かかることだなんて知らなかったです。

またやらないように気をつけねばと強く思いました。

やっぱりストレッチは大切ですね。


- comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>