パピアクリップ

Papirklipはデンマークの伝統的な切り紙アート。

ひとつひとつ丁寧にカッティングしたピースを
糸でつないだモビールをつくっています。

昆虫モビールで演出
谷中にある「藍と絹のギャラリー」での「夏の帽子展」の演出で
昆虫モビールを飾らせていただきました。

「夏」〜「帽子」〜「昆虫」 そんなつながりで。

帽子展の作家さんのロゴは、帽子をもったアリさん。
虫つながりのご縁を感じました。

あるお客さんは、影で映ったウスバカゲロウが
このベストの模様だと思ったそうです。



照明が切り紙の影を際立たせてくれてます。

アクリルボックスの中には、クルマバッタをしのばせました。



帽子の下にバッタなんて、虫嫌いのお客さんは
ちょっとぎょっとしたかもしれませんね。

でも、帽子とクルマバッタのシルエットがなんだかいい感じです。

ギャラリーのブログでも紹介していただきました。
よかったら、ぜひこちらも。

http://tokugen.jugem.jp/?eid=58

帽子展は終わりましたが、昆虫たちは引き続き飾っていただいています。
 
- comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>