パピアクリップ

Papirklipはデンマークの伝統的な切り紙アート。

ひとつひとつ丁寧にカッティングしたピースを
糸でつないだモビールをつくっています。

公開講座スタート

年に一度、池袋の自由学園明日館でする公開講座(全3回)。

 

今年の第一回目がありました。

 

 

今年は、紹介ページには「カマキリ男爵」。

 

 

今回は、ププラモスさんから頂いた枝を使って、教室をディスプレイ。

サンプル作品を展示しました。

 

 

今回で3回目の参加となるKさんから、

去年の文化祭で展示したという作品集を見せていただきました。

 

 

な、なんと、雪の結晶百選。

「雪の模様切り紙」の本から、これだけの雪をカットされたなんて、

こんなみごとな作品に出会うのは、初めて。

「昆虫の模様切り紙」からも、たくさんの虫をカットして、

額に入れられて。こんな飾り方もいいものですね。

雪の結晶は、毎晩一つづつカットしたのだとか。

すばらしいものを見せていただいて、

とても嬉しい気持ちになりました。

Kさん、ありがとうございます。

 

今回は、

初めて参加された方は

「タンポポとカタクリ」を。

経験者の方たちは、

「花かいどうとタチツボスミレ」を作りました。

 

真剣に紙と向き合うこと2時間。

 

みなさん一つは完成させて持ち帰ることができました。

 

眼鏡が合わなくて勘で切りましたという方。

拡大鏡をつけて切ってる方。

工夫しながら、一生懸命カットされてました。

 

切り紙の楽しさを味わって頂けたら

幸いです。

- comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>